パパの助けになる子育て教室

パパの視点で書く、子育てに奮闘するパパを応援したいブログです。育児はそれだけでは上手くいきません。仕事や対人関係、遊び、介護など様々なライフワークのバランスの中で向き合えるようになるものです。そういったバランスをとる為の知識や経験を伝えて、少しでも働くパパの為になる情報を発信していきます。

自分のしたいことを見つめ直してみました。

f:id:ohyamak:20191111192440j:plain

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

そして、お久しぶりです。

だいぶ長い間ブログを中断していました。

 

今まで定期的に読んでくれていた方には、大変申し訳ありませんでした。

ブログを中断してからもアクセスがあったり、ブックマークがあったりして驚きました。

 

今までブログを書いてきて、なんの為にブログを始めたのかを見失ってしまい、毎日更新することが目的になって自分を追い込んでいることに気づきました。

少し時間をかけて、なぜ始めたのかをもう一度思い出してみました。

 

元々ブログを始める前は、自分が育児に悩んでいました。

何を調べてもママ目線で書かれており、パパ向けに書かれた記事や、パパとしての現実を踏まえて参考になる物がありませんでした。育児中のパパが書いた記事やYouTubeですら、パパを否定するものが多いことに驚きました。

 

これは、ママを否定しているわけでなく、一緒に育児をしたいと思い、調べれば調べるほど「パパは頑張るべき」「今その仕事は必要ですか?」という精神論で具体的解決法もなく、より不安が高まり、自分自身が追い詰められていきました。

自分なりには頑張って育児をしているつもりでしたが、何を参考にしても自分が不十分なように感じ、「よく頑張ってるね」と声をかけてくれる人に対しても「本当はそう思っていない」むしろ「それくらい当たり前」と言われているような気がすると若干被害妄想的な感じになっていました。

 

そして、自分を肯定できなくなってきた時に、仕事にも集中できず、子どもに対してイライラする感情が強くなってきたことに気付きました。

このままでは、自分は取り返しのつかないことをしてしまうのではないかと思い、自分自身を変えようと心理学の勉強を始めました。元々、精神科で働きたいと思い、作業療法の学校に入ったので、学生時代からよく勉強していて、自分を見つめ直すのにとても役立ちました。

 

結果、子育てという言葉に縛られていることに気づきました。

 

親は子どもを育てるためにしつけをする。

正しいしつけをしないと子どもが間違った方向に進むのではないかと考えていました。

 

しかし、子どもを育てると言う前に、

そもそも自分が親になっていくために成長する必要があるのではないか。

子どもの取る行動を許容できる心の余裕を持つほど、

自分が成長していないのではないか?と考えれるようになりました。

 

これを実現するには、子どもと過ごす時間を長くして、喜びも悲しもを共有しながら関わる事で、自分が子育てを学んで行く必要があると考えました。

 

ただ、子どもと過ごす時間を楽しむためには、心の余裕が入りますよね。

なので、その余裕を作るためには、

・仕事のストレス

・付き合いのストレス

・友人や家族とのストレスなど

子どもに関わる以外の「ストレスを極力減らす事」「自分を正確にコントロールする能力」を身につける必要があると気付きました。

 

そして何より、育児とは生活における1つの関わりです。

育児の為に趣味をやめるといった極端な解決策ではなく、

育児・仕事・家族関係・友人関係・介護・遊びなどこういった様々なライフワークのバランスを取っていくことが大切であると気づきました。

 

きっと世間の育児中のパパも子どもと一緒に過ごして楽しく育児をしたいと思っているはずです。

本当の意味で子どもが嫌いなパパはいないと思います。

多くのパパは、仕事に関して、ママから見たら「そんな事必要ない」と思われるような事でも自分のキャリアを失うのではないか?収入が減って家族を苦しめるのではないか?と未来を保証されない中で不安を感じながら仕事をしているのではないかと思います。

 

 

このブログでは、私自身を変えていくために勉強している心理学などの知識を記事にして、子育て中のパパの視点で感じる悩みや不安を同じ立場として解決出来る方法をお伝えしたいと思っています。

私自身が書き起こす事で、自分の勉強になり、その記事を見てくれたパパ達が子育てを楽しんで取り組めるようになってくれればと思っています。

 

 

おわりに

これからも毎日とはいきませんが、少しずつ記事をアップしたいと思っています。

そのために、ブログのタイトルなども変更しています。

上記にはパパのためにと書きましたが、パパの気持ちを理解したいママや育児中の親を理解したい会社関係の人などにも読んで頂ける内容にしたいと思っていますので、

 

これからも宜しくお願い致します。

 

ちなみに上の写真はコスモス畑です。

先の見えない道を二人で歩んでいく姿が自分のこれからの人生に重なったので選びました。人と協力しながら歩む大切さを子供の写真から感じることができました。

 

双子パパが教える、双子の子育て術

f:id:ohyamak:20190729221749j:plain

 

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

 

今回は双子の子育てについて、お話していきます。

実は、じっくり双子子育てについて書いていませんでした。

ママもパパも双子の子育てで悩んでいる方の少しでも心を軽くできればいいなと思っています。

三つ子以上の子育て中のママやパパはもっと大変だと思います。きっと、僕なんかでは想像もできない状態だと思います。心温かに記事を読んでもらえると助かります。

育児書を参考にしてはいけません

世にはたくさんの育児書や情報が溢れていますが、そんなの参考にしてはいけません。

そもそも、双子は2人同時に対応しないといけません

育児書に書かれているように、1人の子供にじっくり関わりながら余裕を持って対応できるわけがありません。

もちろん1人が楽と言っているわけではありません

要は、育児に対して1人に集中できる時間が全然違うという事です。

 

仕事でも言われる事ですが、脳は1つの事を処理する事で精一杯です。

マルチタスク(複数を同時に処理する)より、ToDoリストなど優先順位をつけてシングルタスクにする方が効率が良いと言われています。

 

これは、育児でも同じなんです。

1人の子供に集中できず、2人同時に様子を伺うという事では、双子を育てるママやパパにかかる負担は倍になるのは想像できますよね。

 

なぜ、育児書を参考にしてはいけないか?というと、

「こうしなければいけない。」という義務感にかられてしまうからです。

それを意識すればするほど、マルチタスクに苦しんで、ストレスが急増してしまいます。

 

あまり、育児に理想を求めず子供との時間を楽しむ事が大切です。

 

理想が高いと実現できない時のストレスが急増します。

 

双子ならではの可愛さを楽しもう

子供との時間を楽しむ事が大切との根拠は過去にも記事をあげていますので、時間が許せば読んでいただけると幸いです。

簡単に、

  • 子供の性格は、遺伝と友人交流が多くの割合を占めて、親の影響は少ない
  • パパとの楽しい時間が多い子供は将来メンタルが安定する
  • ママとの関係が良好であれば、将来の年収が増える
  • パパの家事分担が、娘の将来のパートナーを安全に選ぶ指標になる

といった、楽しい家庭環境である事が、子供の将来を支える事が分かっています。

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

リンクたくさんですみません。

 

いろんな育児法を試す事でストレスが高まり、そのイライラを子供にぶつけてしまうくらいであれば、「何とかなる」という気持ちで、子供と楽しく遊ぶ時間を作る法が効果的である事が分かります。

双子ならではの楽しさ

f:id:ohyamak:20190619221006j:plain
f:id:ohyamak:20190703221702j:plain

本物の双子コーデができます。我が家はミックスツインズなので、色違いの服や同じようなテイストの服を選んで買う事で、1人より可愛さ倍増です。

ちょっとした写真も一気にインスタ映えしませんか?

(そうでも無いかもしれませんが・・・)

 

最初から2人遊びを覚えます。もちろん、おもちゃの取り合いもありますが、2人だけで買い物ごっこをしたり、よく分からない遊びをしたり(笑)と公園デビューの前に兄弟でそのトレーニングができます。

おもちゃを譲る事、2人で協力する事を子供同士で自然に学んでいきます。

 

双子用ベビーカーを押していると本当に目立ちます。目立つのは嫌かもしれませんが、多くの人が気にかけてくれるというメリットが多いです。そして、以外と双子を育てた人、自分が双子、同じように双子育児中の人が多いんです。これは、びっくりしました。

厚生労働省の調査によると年間で約2万人ほどの双子が産まれており、子供の出生数は減っていますが、双子の割合は増えているのが現状です。

双子用ベビーカーを押せるのも双子ならではの特権ですよね。

 

便利道具は揃えた方がいい

育児に参加するパパが増えてきています。それは、

  • おじいちゃん・おばあちゃんの支援が得られにくい
  • 近所付き合いの減少
  • ママも働いている など

状況はいろいろあるかもしれませんが、子育てに関わる人と時間が減少して、パパは働いておけばいいという時代が終わったからです。

1人の子供だけでも、パパの参加が必須なのに、双子はどうなるんでしょう?

正直、パパが手伝うだけでは全然足りません

人力で無理をすれば、ママもパパも産後のうつに苛まれます。

シカゴのノースウェスタン大学の研究によると、パパの10人に1人が「産後うつ」を経験している事が分かっています。

ただ、育児に関わる人を増やすだけでは、負担の分散ではなく、「産後のうつ」に襲われる人を増やしてしまうだけであると示唆されます。

 

なので、ママもパパもお互いが楽になる道具や環境を取り入れる事が大切です。

  • 哺乳瓶の数
  • 電気ポット
  • 双子用授乳まくら
  • ネムリラ
  • ベビーカー
  • エルゴ など

お金がかかったとしても楽になるものを揃えました。ありがたい事に、自分たちの両親が支援してくれたので、本当に感謝です。

こちらも、過去の記事でおすすめアイテムを紹介していますので、参考にしてみてください。

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

 

我が家は本当に環境に助けられました。

奥さんの両親が近くにいた事、そして私の職場が育児に寛容であったこと。休みを取れば周りのスタッフが本当にフォローしてくれました。

また、箕面には「みのママ」という、双子を育てたママが代表をされている子育て支援の地域活動がありました。

ママを支えるといった活動に、夫婦で参加させてもらって、私自身も助けられました。

もし、北摂にお住いの方がいましたら、ぜひ利用してみてください。

皆さん、温かい方で本当に素敵な活動をされています。

minomama.com

まとめ

双子を育てる事は大変な事も多いと思いますが、その分2人同時だからこそ楽しめる事がたくさんあります。よく、年子の方が大変だからと言われる事がありますが、ママやパパにとって子育ては初めてである方が大変なんですよね。だって、経験から予測する事が出来ないから。

そういう意味では、双子は未熟児である事や、2人同時という意味で、経験した人がより少なくなり、経験からのアドバイスがもらえにくいと言えます。

育児に困ってからでは、本当に行動できなくなります。

子供が産まれて幸せな気持ちが満載な時から、地域の多胎サークルなどに顔を出すようにしてみてください。

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日の記事も皆様の悩みを解決する手助けになればと思います。

宮迫さんの謝罪会見から学ぶこと

f:id:ohyamak:20190724214807j:plain
 

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

 

今日も育児とは関係ないのですみません。

この前、記事にあげた宮迫さん、田村さんの謝罪会見についてです。

ohyamak.hatenablog.com

この時はニュースしか見なかったのですが、つい最近、YouTubeで上がっていたノーカット映像を見ました。ニュースの映像だけだと、宮迫さんは俳優もしてたし、演技なのかなと思ってしまう感じがありましたが、

 

ノーカット映像では、

  • 詐欺被害に遭われた方の気持ちを考え謝罪する
  • 事実しか話さない
  • 自分の非はきちんと認める
  • 会社や先輩に感謝する

とすごく人柄の現れた会見になっていました。

これからも頑張ってと応援したくなる会見に感じました。

 

メンタリストDaiGoさんも会見を絶賛されていました。

www.youtube.com

 

DaiGoさんのように心理学的に捉えて考えられていたかはわかりませんが、

  • 危機管理には初動が大切
  • 事実はきちんと謝罪する

ということが守られていました。

これを踏まえて、

自分んは仕事中にきちんと謝罪できているのか?

ということを自分を振り返る良い機会になりました。

 

病院でリハビリテーション業務を行っていると、毎年実習生を指導することがあります。そういった時に間違った知識を教えてしまった時、判断を間違った時に、

「あれは間違っていた。正しいのはこっちだった」と素直に伝えれているのか?

人は時には間違うことがある、間違っても訂正してあげればいいと

成長マインドセットの状態にあるのか?

ということを、振り返って考える機会になりました。

 

また、記者の方の質問もノーカットで聞く機会があまりないので、新鮮でした。

  • 週刊誌を訴えるつもりはありますか?
  • 会社の判断をどのように思いますか?
  • 不倫騒動の件で・・・

など、すごいですね。

問題を過度に大きく見せたり、曖昧な表現を引き出そうとしたり、話をすり替えたりと会見を開いている人の立場が悪くなるように誘導する様子が、全て観れたのが印象的でした。

そして、コンプライアンスやガバナンスなど横文字使いたいだけの質問もありましたね。

 

ここから、学ぶことは後輩指導などで、事実確認などが必要な時に不用意に感情や推測などをこちらが話さないようにして、事実を受け止めてあげる必要があるということが、よく分かりました。

失敗した後輩が一番、後悔しているはずですよね。

まずは、その子の思いを聞いて、その子のこれからの考えを聞いてあげてから、助けとなるアドバイスをしてあげる必要がありますよね。

「この方が正しい」と押し付けてしまうと、失敗して落ち込んでいるところに、考えの否定までしてしまいます。そうすると、自分では考える事ができないんだと悲観的に捉えてしまいますよね。

 

不倫の話を持ち出したように、指導の際に、過去の話を持ち出すのはナンセンスですよね。今とは関係ない事だし、それは、その時に指導しておかないといけない事ですよね。

 

そういう意味では、記者の方の質問は反面教師的に学ぶ事が多かったです。

 

本当にこういったストレスに晒され続ける芸能人の方は、大変だなあと感じました。そして、自分の感じるストレスは幸せなんだとも・・・

 

会社と社員の間で起こるトラブルは、どこにでも起こり得る事だと思いますので、

まずは自分の職場はどうかを考えながら、働いていく必要があると感じました。

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

海遊びは性格を外交的に変える発育効果がある

f:id:ohyamak:20190722212056j:plain

 

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

 

皆さま、海の季節ですね。

我が家は海が大好きです。私の実家の前が海なのに、わざわざ遠く日本海の方まで海水浴に行きます。

 

さて、今回は海と発育の話をしようと思います。

 

よく、五感を刺激されるや、危険認識が高まるなどの話はよく書かれているので、今回は、性格についての話を中心にします。

海好きか、山好きで性格がわかる

バージニア大学の研究で、学生に性格テストを受けてもらった後に「旅行に行くならどちら?」と問いかけて、海と山の写真を6枚ずつ見せました。

f:id:ohyamak:20190722212602j:plain

 

f:id:ohyamak:20190722212702j:plain

 

 

その結果、

  • を選んだ人は外交的
  • を選んだ人は内向的

という結果が出ました。

 

海のような開放的な空間を選ぶ人は外交的なようです。イメージ通りですよね。

反対に内向的な人は、山など緑の多い地域に住む方が多いようです。

 

内向的か外交的かは元々の性質もあるかと思いますが、クレアモント・マッケナ大学の組織心理学者ロナルド・E・リッジオ教授によると、

ほとんどの人は、外交的でも内向的でもなく真ん中にあるようです。

 

また、以前の記事でも性格は遺伝だけでなく、友人環境などによって変わる事が出来ることを書きました。

ohyamak.hatenablog.com

 

なので、子供を外交的な性格にしたいのであれば、

  • 海など開放感のある場所でたくさん思い出を作る
  • 子供自身が海を好きになる

結果として、外交的な性格になる可能性が高まります。

 

ただ注意が必要です。

上の研究において、内向的な性格の人が開放的な環境の街で暮らす事で、

明確に自尊心のレベルが低下するこ事も、分かっています。

無理に苦手な環境に連れていく事はあんまり良くないので気をつけて下さいね。

 

まとめ

この夏の楽しい思い出づくりに海に行かれる方は、ぜひ子供の性格に少し影響がある事を意識してみてはいかがでしょうか?

ただ、内向的な事がよく無いわけでは無いです。内向性や外向性とコミュニケーションは別問題です。友達の多さより質が大事とも言われますので、子供にあった環境を選んであげる事が大切ですね。

いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日の記事も皆様の悩みを解決する手助けになればと思います。

闇営業問題、宮迫さんの会見をみて感じる違和感

f:id:ohyamak:20190721130851j:image

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

 

今日は、全然育児とは関係の無い話です。

朝から久々にニュースをゆっくり見ました。

ちょうど、宮迫さん、田村亮さんの会見が流れていました。

反社会的勢力、闇営業、金銭授受の嘘、それぞれの問題が一つのことのように報道されていますが、それぞれ全くの別問題ですよね。

  • 反社会的勢力:警察
  • 闇営業:吉本興業
  • 金銭授受の嘘:芸人個人

きちんと課題を分けて報道すべきかと思います。アドラー心理学の課題の分離とは違いますが、その視点は応用的に活用できますよ。

闇営業=反社会的勢力みたいに聞こえてしまいますよね。

闇営業の闇は吉本興業を通さない営業と金銭授受のことですので、反社会的勢力とは関係ないですよね。

 

あくまで素人考えの疑問ですので、その辺り、ご容赦ください。

そもそも、反社会的勢力と分かっているのに、なぜ逮捕できないのでしょうか?

まず、芸人さんがお金を受け取ったかどうか?という問題の前に、詐欺グループと分かっているのに逮捕できないのはおかしくないですか?

 

そもそも報道機関てどんなところか?

報道機関とは、新聞社、放送局、出版社を指す。特に新聞社、放送局等よりも、社会的な公共的役割を果たす主体を指して用いられる場合が多い。自由平等を原則とし表現の自由が法的に保障されている民主国家においては、政府系報道機関を除いて、報道機関は公正、公平中立を旨とし、国家権力に屈せず、国民の利益に適う報道姿勢を理念とする。(Wikipediaより引用)

国家権力に屈せずというのであれば、報道記者が反社会的勢力とわかるにもかかわらず、取り締まれない警察関係者を記事にすべきではないでしょうか?

てか、そもそも協力して逮捕したらよくないですか? 

逮捕してはいけない理由があるのでしょうか?

 

また、反社会的勢力というだけで罰せられるのであれば、

  • パーティーで使用した会場の責任は?
  • そういった人が買い物をするのは?
  • 家を借りるのは?
  • 自動販売機は?

など、詐欺で手に入れたお金を使用して使用するものは全て、ダメということになります。そうすると日常に使用するほとんどは罰せられなければいけないのではないでしょうか?

キリがなくなりますね。

 

私は病院でリハビリ業務に従事しています。

もし、反社会的勢力の方が入院してきた場合に、リハビリテーションを提供すれば罰せられるのでしょうか?

病院なんて、負担額3割は個人のお金ですが、残り7割は税金ですよ。

もっとヤバくないですか。

 

闇営業問題は会社の体制の問題では無いんでしょうか?

そもそも、芸人が闇営業しないとメリットを感じないシステムであるのは、吉本興業自体の体制の問題では無いでしょうか?

闇営業がデメリットしかなければ、芸人自身が手を出さ無いはずです。

なので、闇営業をした本人ではなく、それを許していた会社の経営状況などを指摘するべきでは無いでしょうか?

 

嘘をついたことは芸人本人の問題

虚偽の報告をすることで、解決に時間を要したり、相手から信頼を失ってしまいます。ですが、それは芸人本人が信頼や知名度を失う行為であって、反社会的勢力や闇営業とは関係無い話ですよね。

今回は、報道関係者ですら反社会的勢力と断定できているので、芸人本人の証言がなければどうこうという話では無いですよね。

 

報道機関について、

最近、ワイドショーとかを見ると常にモヤモヤします。

専門家を読んで推論して議論していますが、あくまで第三者が好き勝手言ってるだけで、情報がどんどん複雑化して、視聴者が混乱するように仕向けているのかと思ってしまいます。

「そんなの討論したって、警察の発表を待つしかないのに」って思うことが多くなりました。

歳を重ねるとNHKしか観なくなることが理解できるようになり、嬉しいやら悲しいやらです。

 

ただ、情報に流されず、客観的に物事を考えれるようになっているのかなと思っています。

 

子供と遊びながら読めるオススメ絵本

f:id:ohyamak:20190719224425j:plain

 

おつかれさまです。

作業療法士として働きながら、双子育児に奮闘している双子パパのohyamakです。

 

皆様、絵本の読み聞かせはどのようにされていますか?

パパが絵本の読み聞かせをするのは、

  • 絵本を通して、言葉の発達を促進させる効果
  • パパが関わることでの、将来のメンタルの安定

という、素晴らしい効果があると言われています。

過去にまとめた記事を載せておきますので、よければ読んでみてくださいね。

ohyamak.hatenablog.com

ohyamak.hatenablog.com

 

今日は、我が子が好きな、一緒に遊びながら読める本の紹介をしたいと思います。

 

絵本の紹介

こねてのばして  作:ヨシタケ シンスケ

 

この本は、この表紙の表情がなんとなく、息子に似ていると思って衝動買いしました。

それをクリスマスプレゼントとして、サンタさんから届けてもらいました。

 

内容的には、パン生地のような物をこねて、いろんな形にして遊ぶ話です。

このパン生地をいろんな形にするときに、その動きを真似して我が子の顔で遊んであげるととても楽しそうにします。

f:id:ohyamak:20190719215621j:plain

この時に子供のほっぺたを両手でこねて伸ばすように、ほっぺた遊びをすると、本当に楽しんでくれます。

 

f:id:ohyamak:20190719221454j:plain

つつく時には、ほっぺただけでなく、お腹や背中などいろいろつついています。

 

f:id:ohyamak:20190719221622j:plain

この時は、顔をてで一度隠してあげて、いないないばあをするようにしています。

 

f:id:ohyamak:20190719222157j:plain

最後はこちょこちょと、こそばすシーンで終わりますので、めいいっぱいこぞばして終わります。

 

寝る時の絵本としては、楽しみすぎかもしれませんが、お子さんと一緒に楽しみながら読める絵本だと思います。

よければ、ぜひ試してみてください。